本文へスキップ

こんにちは!原田敏行です

自己紹介introducthin

Profileプロフィール

こんにちは。名前は原田敏行といいます
1958年生まれ みずがめ座
出生地は岩国市 学生時代までは広島市で育ちました
奥さんがひとりと子供が二人います
【趣味】
写真撮影
食べ歩き、日本酒
ブログ作成
珈琲を淹れる
ウクレレ弾く
神社めぐり
観葉植物の世話
小型熱帯魚の飼育
広島カープファン
サンフレッチェ広島ファン

趣味を列記してみて気づいたのですが、カープ、サンフレ以外はすべて45歳でこの仕事を開業してからあとに興味を持ちはじめてやりだしたことばかりです。自分にとって仕事、趣味、生活は混然一体となっていて、自分の興味の向くもの、やりたいことをやっている状態だと思います。

私の場合、○○の目的のために△△をする、といった考え方があまりなくて、自分が興味をいだくもの、気が向くものを愚直にひたすら追及していって、その結果が今に至る、という感じです。

若いころからそうだったか、といえばそんなことはありません。
40歳近くまでの私は劣等感や自己否定が強く、それをバネにやらねばならぬとがんばったり、また落ち込んだりを繰り返す歳月を重ねてきました。そしてたくさんの経験と勉強、自分探しの旅?を経て50歳を過ぎてようやく、自分で自分を認めることができだして、自分自身にくつろいだ人生が送れるようになったと思います。

その私の人生の転換点として大きな出来事は、39歳の時に起こった”気の目覚め”でした。
若いころから気や宇宙や超能力など、不思議なことに関心はありましたが、ユリゲラーの真似をしてスプーンをこすっても曲がることはなく(笑) 特別な能力があるわけでなく普通の少年時代青年時代でした。

気の目覚め

39歳になってすぐのことです。その頃信州にいた私はひょんなご縁からある老人に出会いました。教職を退職されたあとインドに瞑想修行に行ったり禅寺で修行されたりする一風変わった方でした。その人のところに「教えてください」と行ったのです。

「何が知りたい」と尋ねる先生に
「宇宙の真理が知りたいんです!」と青臭くも答えた私、
先生は「私は師ではない。いっしょに真理を探究するものとしてやっていこう」
「真理を追及することは、自己を知ること」
とおっしゃり、まずは瞑想よりは体の動きのあるものから入ったほうがいいとある気功法を教えてくださいました。それは、ある準備体操と呼吸法のようなことをすると体が自分の意思ではなくかってに動くものでしたが、私の場合最初からものすごく動きが出たのでした。

”それ”を毎日一週間続けたある夜のこと、寝る前にやり始めたところ、2時間以上もその動きが止まらず、『もう、ええかげん寝さしてくれ〜〜』と思っているとやっと止まったのですが、何やら下腹のほうでヘビのようなとぐろを巻くものがウネウネと動いています・・・
「なにっ!?」
次の瞬間、こぶし大くらいのカタマリが、グッと頭をもたげて体の中心を登ってきたのでした。

下腹部から胸へ、胸からのどへ、のどから眉間へ、それぞれ一時停止してそこで爆発を繰り返しながら、最後に頭のてっぺんでは、なんと!ドッカ〜ンとスターマインの連続花火が上がったのです・・・
こんなこと書くとおかしな人と思われるかもしれませんが、もうどう思われようがいいんです(笑)
付き合いきれないと思われる方はこの項はスルーしてください。

自分に一体何が起こったのか、その時はわけがわからず、それから精神世界や気に関する本を100冊以上むさぼるように読んだ時期もありました。それで自分なりの結論としてはヨガの行者などがいうところのクンダリーニというエネルギーがチャクラを開けながら上昇した、ということだろうということです。ただ、見えないことであるし、全く個人的な内面的な体験であるので、そうだといいきれるものではありません。

そのことがあって以来、他人の痛いところや調子の悪いところに手を当てるとビリビリと感じるようになり、痛みが取れたり気持ちがいいと言ってもらうことが起こるようになりました。
『このエネルギーを使え!』と言われているような気がして、自分なりに試行錯誤したり何かに導かれるようにいろいろなところへ勉強しに行ったりしました。

そんなことを5年ほどやっているうちに、興味をもって追及していったものが仕事としてやるようになってしまった、というわけです。

開業して

2003年3月6日 広島市西区東観音町で開業
2004年9月 広島市中区十日市町に治療所を移転
2006年1月 現在の名称である広島気功はらだ整体院に改称
そうして
2017年3月 14周年を迎える

目立つような看板を出しているわけでもなく、宣伝広告も一切やらず、地味なマンションの3階でこれだけの年数やってこれているのは自分でも不思議なことだなあと思います。
自分にしかできない役割、お役目があってやらされているのだろうと思っています。

気功や治療の様々な療法を学び何人の先生にも師事しましたが、現在はどの流派、団体にも属しておらず特定の療法を使っているわけではありません。それでどこで何を学んだかは記さないことにします。施術は流派、療法、技術ではなくその人個人の総合的人格的なものだと考えます。

見えない世界の事をやっていると超能力者、霊能者あるいは宗教家と勘違いされることもありますが私は上記のどれでもありません。いかなる宗教、オカルト、思想団体とも一切関係はありません。患者さんにとってより良い施術、患者さんにより楽になっていただけることを目指し、そのことが自分自身の興味の追求であり、修行でもあります。

「難を転じる」というお役目

私のところに来られる方はちょうど人生の転換点(ターニングポイント)にさしかかっておられる場合が多いです。
病気や不調は一見「難」「災い」に思われますが、それがあることによっていろんなご縁ができたり、人間としての成長があったりするわけです。病気があったからこそ人生の何たるかがわかったりすると病気の「おかげ」と言ってもいいことに気づき、感謝さえうまれます。

病気不調は悪い面だけではなく、それがあるからこそ自己を知りこの世を知っていくキッカケとなるもので、ありがたい天からのプレゼントでもあるといえます。そのプレゼントを本当に理解して受け取ったとき、良いも悪いも統合され、人生は新しい展開へと進んでいくのです。

表紙の写真「南天」はナンテンという読みから「難を転じる」という意味を持ちます。
人様の「難」「災い」を転じて「福」となす、という役割をやらせていただいていることに感謝します。

最近の私の様子はブログ気の向くまま日記をご覧ください。



Hiroshima Kikou
Harada Seitaiin
広島気功はらだ整体院

〒730-0805
広島市中区十日市町2-9-8KSMビル303
TEL 082-231-3173
携帯090-5264-8474
アドレス登録用QRコードはこちら↓
   
お問い合わせはこちらから↓

メールフォーム
ブログ気の向くまま日記